Management Systems Consulting Company
株式会社イノベイション

 
言語の選択:



基礎トレーニングコース

  • 基礎トレーンニングの特徴
QMS・ISOという言葉を耳にしたとき、あなたはどうようなイメージが浮かびますか?
規格なんて読めば硬い文章ばかり・会社で認証取得したものだから…、確かに重要だと思うけど…というイメージが湧くと思います。会社の運営にどのように関わり、どうような必要性があるのか?などど考える社員はほとんどいないのが実状です。このような気持ちで内部監査員として監査していても「やらされ感」で監査するのは当然です。しかし実際に仕事を運営・推進するために社員全員があたりまえのようにQMSと密接に関わっている中、このままで良いのでしょうか。

この基礎コースでは
QMSの目的、また規格要求事項によって、会社を安定させ、推進していくための重要性をお教えします。ISO規格の重要性や会社のISO9001導入が理解できれば、内部監査員として一つ一つの監査項目に必要性を感じることができ、監査項目の見直しを自らすることも可能となります。
規格を読んだだけ・または規格の説明を聞いただけでは、会社としてなぜ、ISOを導入したのか?は理解できません。
この講座では、現在も主任審査員として活躍中の山上裕司(JIS9005改訂委員)が、やらされ監査員から、基本知識+新たな認識と自覚を持った必要性を感じる監査員の養成をいたします。

  • 講座参加によって得られるもの
   ・規格の文章の基礎知識
   ・内部監査員としての視点のあり方
   ・今後の規格変化の動向
   ・「やらされ内部監査員」からの脱却
 
  • 内容
   1 論読と対話による、規格要求事項の振り返り
   2 各種ワーク(要求事項探し・適合性評価・監査目的明確化・監査ポイント)
   3 内部監査の仕組(概論・実施ポイント・コミュニケーション)
   4 監査での質問ロールプレイ
   5 理解度テスト

   *上記の順番と、実際の実施内容とは異なることがございます。
    お客様に合わせたチューニングの上、プログラムの内容を決定しております。
ご希望に応じて2日間コースの設定もいたします。

   *ご質問やご相談等がございましたらおこちらからお問合せください。